Amazon販売における
・有在庫転売と無在庫転売、どちらをやるか迷っている人
・やり方の違いを知りたい人

に向けた記事になっています。

有在庫転売と無在庫転売どっちが良い?

有在庫転売が良いです。

有在庫:資金面でのリスクを背負うが、アカウント停止リスクが無い
無在庫:資金面でのリスクはないが、アカウント停止リスクがある

からです。

アカウントが停止すれば、売上はゼロになってしまいます。
アカウント停止はAmazonの判断となるため、自分でコントロールできません。

資金面でのリスクは、自分の努力次第で補えます。

ビジネスとしてどちらが良いか考えたら、リスクのない有在庫を選ぶべきです。

有在庫転売と無在庫転売の資金面でのリスク・アカウント停止リスク、その他細かい違いとメリット・デメリットをお話しします。

有在庫転売と無在庫転売の違い

在庫仕入れのタイミングが違う
有在庫:先に仕入れを行い、在庫が有る状態で販売を行う
無在庫:商品の注文を受けた後、仕入れを行う

違いはこれだけです。
どちらの手法も仕入れ先は同じで、
仕入れ先:国内、北米輸入、中国輸入が主です。

しかし、この違いによってメリット・デメリットが大きく変わります。

有在庫のメリット・デメリット

メリット

・1商品が長い期間売れる
入念な商品リサーチを行い、商品ページを作りこむことで、1商品出品すれば、自動販売機のように、勝手に売れて勝手に利益が増えていきます。

・利益率が高い
FBA倉庫に納品できるため「Prime」表示が可能。
購入後から到着までの期間が早いため購入されやすいです。
注文後即日出荷できる、という付加価値があるため、高い利益率での販売が可能です。

・アカウント停止リスクが無い、トラブルが少ない
健全な手法のためアカウント停止リスクはありません。
即日商品を発送するため購入者とのトラブルが少ないです。

デメリット

・倉庫費用がかかる
商品を保管するための費用が掛かります。
仕入れ数を読み間違えると、メリットである高利益率が薄まります。

・不良在庫のリスクがある
季節物や流行、他の出品者による影響で、商品が売れなくなる場合があります。
これらを考慮した仕入れを行う必要があります。
 
・初期投資が必要
売れる前に仕入れを行う必要があるので、仕入れ代金を確保する必要があります。

無在庫のメリット・デメリット

メリット

・不良在庫を抱えるリスクが無い
注文後の仕入れとなるため、資金面で損することがありません。

・初期投資がほぼ不要
注文が入った分だけ仕入れるので、最初に在庫を背負う必要がありません。

デメリット

・アカウント閉鎖リスクがある
Amazon、ヤフオクでは無在庫転売を規則で禁止しています。
そのため、無在庫転売であることがバレてはいけません。
どのようなメカニズムでAmazonが無在庫だと判断するかは、明確にわかりませんが、Amazonのさじ加減でアカウント停止してしまう危険があります。

・利益率が低い
既にある商品に相乗り出品し、 配送期間が長いため、安くしないと購入されにくいです。
また、他セラーとの価格競争になりやすいため、利益率が低いです。

・大量に出品する必要がある
自社の強み、を出せない手法なので大量に出品する必要があります。
何万品も出品するのが当たり前の世界です。

・トラブルが多い
配送までに時間がかかるため、購入者とのトラブルが発生する可能性があります。
仕入れ先とのトラブルもあります。思ったより仕入れに時間がかかってしまうなど。

こういったトラブルにより、アカウント評価が下がると、アカウント停止リスクに繋がります。

最後に

初期投資は必要ですが、ビジネスとして安定して成立している有在庫がオススメです。

実際オオマエは、中国輸入Amazon販売を有在庫で行っています。

資金面でのリスク以外は、有在庫のほうが明らかに有利だと思うのですが、無在庫転売は人気です。

なぜなら「無料」で始めることができるからだと思います。
人間は無料という言葉に非常に弱いです。

無料で1年後に10万円もらえる
10万円払えば1年後に30万円もらえる

多くの方は前者を選ぶと思います。
無料という言葉に惑わされず、判断ができるようになりたいですね。

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、以下のブログランキングをクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
ここをクリック


ここをクリック

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事