中国輸入Amazon販売でリサーチをしていて商品がなかなか見つからない、行き詰まりを感じた時に使える方法を紹介します。

中国輸入実践者にはもちろん、

副業で時間が無いのに見つからない!どうしよう!

初心者でどこから手を付けていいかわからない!

という方にも読んで頂きたい記事になります。

中国輸入商品リサーチ行き詰まり解消方法

Amazonでリサーチを行う

中国輸入商品のリサーチをAmazon以外で行っているのだとしたら、Amazonに絞って行うことが、行き詰まりを解消する手段の一つです。
Amazonは日本最大のショッピングサイトですので、商品数が非常に多いです。

商品数が多ければ、リサーチできる商品が多いので、検索機能が充実しているので見つけやすいです。後述しますが、商品カテゴリ毎のランキング検索ができるため、自分では思いつかない商品の発見、売れている・利益のある商品の発見がしやすくなります。

Amazonランキングを使う

Amazonには商品カテゴリ毎にランキングが設けられています。売れ筋ランキング、新着ランキング等あり、どこを見てもOKです。

ランキング自体に表示されている商品をそのまま仕入れるのも手ですが、ランキング商品から、その出品者が扱う別商品、商品名検索等をして芋づる式に商品を探していけば、可能性は無限大に広がります。

ランキングは数時間ごとに更新され、末端カテゴリの下位はコロコロ変わるので、リサーチネタはいくらでもあります。

商品名を検索する

中国輸入で取り扱えそうな商品名を検索してみるのもおすすめです。
副業の方であれば、本業でたまたま使った小道具や雑貨、便利グッズ等を検索してみましょう。

以下の方法で深堀していくのもおすすめです。
・検索で表示された商品の名前を一部抜き取って、再度検索にかける。
・ランキングに表示されている商品名を一部抜き取って、再度検索にかける

予測検索を使う

Amazonでは商品名を検索する時に予測変換が出てきますよね。キーワードサジェストと言われるものです。
サジェストされたものを検索して、商品を探すのもおすすめです。

自分では思いつかないような、マイナーなサジェストで上位表示されているニッチな商品は、利益率が高く、売れていたりします。

同じ出品者が扱う商品

商品の出品者が扱っている別商品を調べる方法もありです。
たまたま見た商品が儲からない商品なだけで、他の商品は良いものを扱っている可能性があるからです。

中国輸入をしている出品者を見つければ、他の商品も中国輸入であることは非常に高いのでリサーチが捗ります。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

商品ページ下段にある商品一覧からさらに深堀していきます。
同じ商品でも、出品者が違えば他の扱っている商品が違うので深堀していくことができます。

ヤフオクとメルカリでは

Amazonと同じ要領でリサーチできます。
オオマエはヤフオクでのリサーチしかしたことが無いですが、要領は同じですね。

なぜ行き詰まりを感じるのか

そもそもなぜ行き詰まりを感じてしまうのか、その原因を突き止めて、解消すれば更に業務効率が上がります。
副業であれ本業であれ、業務効率は重要なので、原因がわかっていない場合は、以下内容で当てはまるものが無いか確認しましょう。

頭を使っている

リサーチするたび、「何円以上だったら仕入れようかな」「どれくらい売れてたら仕入れようかな」と考えていませんか?

そういう場合は、リサーチ基準を明確にしましょう。
「商品価格○○円以上」「ライバルセラーの数〇件以下」「〇分探して見つからなければ、次のキーワード」等、毎回考えなくて良いことは全て数値で基準化すると業務効率が上がります。

考えることは、エネルギーをめちゃくちゃ使います。
何十個、何百個とリサーチするのに毎回頭を使っていては、すぐに疲れて行き詰まります。

できるだけ頭を使わない仕組みづくりをしましょう。

簡単に見つかると思っている

「Amazonランキング100位以内に利益のある商品がある」「思いついたキーワードですぐ見つかる」と考えていませんか?

簡単に見つかるということは、皆同じように見ている、既に利益率が低い商品である可能性が高いです。
出品者から深堀したり、キーワードを深堀して、他の人がすぐには見つけられないところまで商品リサーチしましょう。

深堀していけば、必ずあなたが探している商品は見つかります。

自分が調べやすい商品を追う

自分が調べやすい商品は、既に自分でリサーチし尽くしていることがあります。

そこでいくら探しても、商品は見つかりません。実際には深堀を続ければ見つかるんですが、時間がかかります。

心機一転、自分が調べたことのないカテゴリをリサーチしてみましょう。

意識的に「今日はこのカテゴリをリサーチする」と決めましょう。

決めないと、深堀していくうちにいつも自分が調べている商品に吸い寄せられます。

前にリサーチした商品に目が留まる

「カラーバス効果」って知ってますか?

一度意識するとそればかり見えてくる、という現象です。
「アウディ欲しい!」と思ったら「街中でアウディばかり走ってる。流行りかな?」と錯覚しちゃう話が有名です。

それと同じで、一度リサーチしたら同じ商品にばかり目が留まります。意識して、他の商品を調べてみましょう。

時間が無くて焦る

焦ると、浅いリサーチしかできません。

〇〇分で〇〇件商品を見つける!と目標を決めることは重要ですが、焦ってしまっていると感じたら、ゆっくりやるのも手です。

焦れば焦る程、誰でも見つけられる、既に利益の無い or ライバルが多い 商品しか見つからないです。

作業をまとめてやってない

例えばあるキーワードで表示された商品を「1ページ開いて商品確認、ダメなら閉じて次のページを開く」というやり方でやってませんか?

キーワードで表示された商品を一気に10件開く、前ページ目を通す。良い商品が無ければ、全ページの出品者ストアフロントを開く」というように、業務をまとめてやると効率的です。

しかも、しらみつぶしにやるので、先ほど言ったカラーバス効果の対策にもなります。

まとめ

中国輸入Amazon販売でリサーチに行き詰まりを感じた時は

・ランキング、検索、出品者といった様々な方面からリサーチをかけましょう

・判定基準を決めてリサーチしましょう

・自分が普段リサーチしないものをリサーチすることを意識しましょう

 

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、以下のブログランキングをクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
ここをクリック


ここをクリック

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事