副業で中国輸入Amazon販売をしたい人の

中国輸入代行業者と中国人パートナー、どっちを選ぶべき?

という疑問にお答えします。

中国輸入代行業者とは

中国輸入サイトアリババやタオバオの商品を、私たちの代わりに商品購入をして、日本に輸入してくれる会社のことを指します。

イーウーパスポートやファーストトレード等、現在は50社以上の会社が存在し、各社様々な特徴があります。

サポートが手厚い、仕入れが早い、費用が安い、検品が丁寧、写真撮影可、ロゴ入りOPP袋作成可、、、

 

自分に合った代行業者を選べますが、それゆえに初心者はどこを選んだら良いか迷ってしまう状況かな、と思います。

オオマエは、スタート時はサービスが丁寧で早い、という理由で決め打ちでファーストトレードを選択。

その後、利益を上げるために色々調べた結果、イーウーパスポートに落ち着いた、という感じです。

各社比較を以下の記事で書いてますので、よかったらご覧ください。

[blogcard url="https://ex-pier.com/archives/263"]

 

中国人パートナーとは

輸入代行業者と同じことを、中国人個人でやってくれる人のことを指します。

トレードチャイナという掲示板で募集をかけて、自分の条件にあった人を見つけて契約します。

個人契約なので様々なことで融通が利く点が良いです。

 

輸入代行業者と中国人パートナーどっちを選ぶべきか

輸入代行業者一択です。

中国人パートナーのデメリットの大きさから言えます。

 

中国人パートナーのデメリット

教育が必要

個人にお願いするということは、こちらからお願いすることを明確にして依頼する必要があります。

そして、初心者だとそもそも何を指示すればいいかわからない、といった状況に陥るのは明らかです。

何指示して良いかわからない人と契約されたパートナーはかわいそうです。

そして、こちらがナメられる可能性も懸念してます。

輸入代行業者は、会社でありプロであることから、こちらが初心者でも一定の対応をしてくれるので安心です。

 

安定感がない

個人契約ということは、急にやめてしまう・休んでしまうリスクを考える必要があります。

中国輸入において、在庫切れは絶対に起こしてはいけない、仕入れの安定性は必須ですから、急にやめてしまったり休まれたときのリスク回避を考える必要があります。

 

安くない

個人契約だからって、そんなに安くない印象です。

商品仕入れ代金の手数料を取ってくるし、支払におけるPaypal手数料もバカにならない。

大量のロット仕入れによる値引き交渉、といったレベルになってくれば話は別だと思いますが、初心者・副業レベルでメリットを感じることは少ないです。

 

輸入代行に求めること

輸入代行は、安心で安定して、安いことを求めるべきです。

安心安定じゃないと、在庫切れリスクや不良品リスクが高まるからです。

そのうえで、できるだけ安い所を選んでいきたい。

それに対して、中国人パートナーは、ピンキリ過ぎて判断が非常に難しい。

だったら安心・安定の中国輸入代行業者にお願いすべきだと思います。

 

まとめ

中国輸入Amazon販売において

・輸入代行は、中国輸入代行業者を選ぶべき

・安心、安定、安さを考えて代行先を決めよう

 

ご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、以下のブログランキングをクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
ここをクリック


ここをクリック

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事