中国輸入Amazon販売で、

「商品ページの商品説明に何て書いていいかわからない!」

そんな悩みを解決する方法を紹介します。


本記事の内容

中国輸入Amazon販売で、売れる商品ページの
商品説明欄に書く内容に対する本質的な考え方・探し方と、
今すぐ使えるテクニックを紹介します。

なぜ書く内容に悩むのか

商品説明文で書く内容を悩んでいる時の原因は大きく2つあります。

①その商品の使い方、注意点、必要な表記がわからない

②文章の順番、言い回しがわからない

 

これらを一挙に解決する方法があります。

それは…

「類似商品のランキング上位ページを読む、
商品に関連するネット記事・雑誌を読む」

 

類似商品のランキング上位ページや、
ネット記事がなぜ人気か考えてみましょう。

購入者の悩みを解決しているからです。
そして、購入者が思わず読みたくなる
言い回しを使っているからです。

ネット記事を読んでいれば、
自然とその商品の使い方は見えてくるし、
購入者がどういった内容を知りたいかわかってきます。

ネット記事や雑誌を探そう

Amazonで売れる商品説明文を書くためには、
ネット記事や雑誌を探します。

ネット記事は「○○」「○○ 使い方」「○○とは」をGoogleで調べて、
1ページ目に表示されたサイトを全て読みましょう。

読み終わったころには、その商品が何か、使い方は何か、
おおよそわかるようになっています。

雑誌は、まず購入者の性別・年齢層を考えましょう。
これはAmazonの商品レビューの内容を読むことで、

なんとなく購入者層が見えてきます。
楽天で見れば、年齢・性別がモロに出るので、

そちらを参考にしてもOKです。

性別・年齢層がわかったら、その人たちがどんな雑誌を読むか、
調べて読めばいいのです。

例えば、DIY商品で、男性向けなら「男性 DIY 雑誌」でネット検索すれば、

「DIY STYLE」とか「DIY基本テックニック百貨」とか出てきますね。

こういった本を読んで、商品に対する知識や購入者が好む言葉遣い、
フレーズについて更に理解を深めていきましょう。

今すぐ使える売れる文章テクニック

商品知識が十分あっても、
いざ書こうと思ったら、手が止まる、思いつかない…

そんな場合にはテンプレートを使うのがおすすめです。

Amazonで売れる商品説明文を書くためのテンプレートを
紹介します。

テンプレート:商品仕様欄5行を埋めることを意識した方法

1行目:商品を使うことによる、購入者が得られることを書く
(例:ドリル工具なら、木材に穴をあける作業時間を半分にする!)

2行目:具体的な機能を書く
(例:ドリルドライバーに着用して、木材・鉄材に穴をあける)

3行目:他社比較で強みを書く
(例;○○材を使っているため、××材の10倍以上の耐久力)

4行目:他の使い方を書く
(例:卓上盤を用いれば△△に使うこともできる)

5行目:サイズ等の購入者が安心して買える情報を書く
(例:貫通穴径:△△、チャック形状:六角軸、…)

上記を使えば、売れる商品説明文を書くのは簡単です!
説明文のパターンは1つだけではないので、
他にも使えるテクニックを、ご紹介します。

文章の順番を意識しよう

「結論 → 結果 → 根拠 → 結論」

この順番になるように文章を作ると、非常に読みやすいです。

コピーライティングテクニックを勉強しよう

AIDA、PASONAの法則を使って文章を構成しましょう。
Amazonでは使えない部分がありますが、

こういった構成にすると思わず購入したくなる、
という知識を身に着けることで、商品説明に応用させることができます。

 

AIDAとは

A:Attention(注意)
読み手「え?なになに?」と思ってしまう文章。
常識を覆すような内容だと注意を惹きやすい。

I:Interest(関心)
読み手の興味を惹く文章。
読み手の悩みなどを書いて「わかる~そうそう」と思わせ、続きを読ませる。

D:Desire(欲望)
読み手の悩みを解決する文章。
「この商品なら解決してくれる!」と思わせる

A:Action(行動)
読み手が行動したくなる文章。
一般的には「●月◎日まで!」だが、
Amazonでは規約違反にならないよう注意しなければならない。

 

PASONAとは

P:Problem(問題)
「○○でお困りじゃないですか?」
と投げかけ、読み手に問題を認識させる

A:Agitation(煽る)
「そのままだとやばいですよ…」
問題をさらにあおり、焦らせる

SO:Solution(解決)
「この商品なら解決してくれる!」
解決方法を提示する

N:Narrow(絞り込み)
「今だけ!」等限定的にする
(Amazonでは使えない)

A:Action(行動)
「今すぐ申し込みください」と購入者を促す
(Amazonでは使えない)

商品説明文がどうしても思いつかないあなたへ

やってみたけどわからないよ…という場合は、
圧倒的に作業量が少ない可能性が高いです。

・最低でも1日集中して調べる
・いくつも文章案を書きだす

を試してみてください。

大事なのは、集中することと、最後まで書きだすことです。

集中して書き出さないと、
頭の中で浮かんでは消え、浮かんでは消え…
を繰り返してしまいます。

一度考えた内容を書きだして、その後、
文章にまとめていくイメージで進めれば、

必ず商品説明欄を埋める文章を書けます。

まとめ

Amazonの商品説明文を書けない理由は
①商品知識が足りない
②文章の順番がわからない

売れる商品説明文を書くためには
①ネット記事・雑誌を読む
②文章構成テンプレートを使う

それでも文章が書けない場合は、
圧倒的に作業量が足りない。
・1日以上集中して取り組む
・文章は最後まで書きだす
を意識する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事