今話題の新元号に関する事柄を引用しながら、中国輸入Amazon販売について解説していきます。

この記事を読んでわかること
・ブランド名や商品説明のキャッチコピーの考え方
・Amazon販売における価格戦略

ブランド名やキャッチコピーはわかりやすく

「令和」には以下のように色々な意味が込められています。

色々調べる必要はありますが、奥が深くて良い元号だと思います。

新元号「令和」の意味
・「令」=めでたい、良い
・万葉集から採用=長く色あせない
・万葉集の内容=梅の花のように寒い時期を乗り越えて大きく開花しよう

しかし、中国輸入Amazon販売においては、こういった複雑な表現はしてはいけません。

キャッチコピーは、購入者にはわからない表現、調べないといけない表現はタブーです。

調べるのが面倒くさくて、よくわからない=買わない に繋がるからです。

ブランド名も、やたらかっこつけてフランス語とか、読めない言葉を使うのは良くないですね。

読みやすく、声に出しやすいのが良いです。

環境に合わせた戦略を立てる

新元号は、元号が変わる直前に発表されてきましたが、今回は1か月前に発表がありました。

インターネット等で情報量が増えているので、各種登録等のシステム変更をするための猶予期間を設けるためです。

時代に合わせて、発表時期を変えたわけです。素晴らしいことですね。

 

Amazonでの販売も同様に、環境に合わせて変えていく必要があります。

最近一番大きな影響があったのは、去年の10月頃ですね。

・新着期間販売による表示順位の急上昇効果がなくなった(通称:新着ブーストが無くなった)

・商品販売価格を変更した時の表示順位ペナルティが大きくなった(大幅に表示順位が下がるようになった)

この2点により、今までは、新着期間に安値で販売して表示順位を上げ、その後値段を上げるという手法から、

値段は極力変えず、広告を使いながら長期的に表示順位を上げる、という戦略に変わりました。

 

今後も、Amazonのアルゴリズム改変があれば、戦略は変えていく必要があります。

そのため、情報収集をし続けることは非常に重要です。

流行商品には気を付けよう

万葉集が大量に販売されるのは間違いないでしょう。

流行商品は一時的に爆発的に売れますが、流行が過ぎれば売れなくなります。

中国輸入Amazon販売は、単純な転売とは異なり、長期的に同じ商品を販売していく手法なので、

流行商品は扱わないように注意しましょう。

理由は以下3つが挙げられます。

中国輸入Amazon販売で流行商品を扱わない理由
・販売数が読みづらい
・不良在庫になる
・価格競争になる

まとめ

新元号「令和」から考える中国輸入は以下3つです。

令和から考える中国輸入
・ブランド名、キャッチコピーはわかりやすく
・環境に合わせた販売戦略を立てる(そのために常に情報収集する)
・流行商品には気を付ける

新元号「令和」を題材に、中国輸入Amazon販売に関することを考察してみました。

中国輸入に限らず、何かを題材に今の仕事に置き換えることは、ビジネスにおいて非常に重要ですよね。

頭の体操になるので、暇あればやるよう意識しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事