中国輸入のリサーチで必要なツールは1つだけ

 

中国輸入はどんなツールを使えば早くリサーチができるんだろう。
いっぱいあるし、有料会員制のものもあるし、
使ってみたかったのは現在運用停止だし、
なんてお悩みを抱えていませんか。

今回は私が使っているリサーチツールを全て紹介します。
全てといっても、たった1個しかありません。

Keepa - Amazon Price Tracker

Keepa(キーパ)です。

Google Chromeの無料アドインアプリになります。
このアプリを使うとわかることは下記です。

 

・大カテゴリでのランキング推移

・販売価格推移

・タイムセール実施時期

 

これを使うことで、

・リサーチ対象商品の現在のランキングは常に
今のランキングを維持しているのか、
たまたま大量に売れてランキングが急上昇しているのか

・1年間のランキング変動から季節によって売れ行きが変わる商品か

・現在のランキングがタイムセール影響を受けているかどうか

がわかります。

Keepaを使わないと致命的なミスが起こり得る

ランキングが高いから仕入れてみたら、
タイムセールで売れて短期間だけランキングが
高いだけだったので、全然売れなかった。

夏に仕入れたら、実は秋冬に全然売れない商品で在庫不良が起きた。

リサーチ不足だと上記のようなことがあります。
せっかく利益率の高い中国輸入ですが、在庫不良が起きたら台無しです。

FBA納品していれば長期在庫手数料が
かかってしまう恐れがありますし、自宅に商品は保管したくないですし。

Keepaを使えば一瞬で判断でき、上記のような危険を未然防止できるのです。

使い方もいたって簡単で、ダウンロードしたら、
商品ページを開くだけで勝手に推移をグラフ化してくれます。

他にお勧めツールはないのか

画像検索ツール、在庫追跡ツール、
利益計算ツール等ありますが、

これらは使わなくていいのか?という疑問があると思います。

結論としては、ありません。

画像検索ツールは、そもそもタオバオ・アリババに
機能としてあるのでわざわざ何かツールをダウンロードする必要はありません。

在庫追跡は、手動でできるから必要ないです。
手間だと感じる人はツールを使ってもいいですが、
頻繁に使うものじゃないのに有料ツールなので、私は使う必要が無いと思います。

利益計算ツールは、エクセルで自分で作成可能です。オオマエもメルマガで配信しているので、
欲しい方はメルマガ登録してましょう。

ただ、計算内容は理解したうえで使いましょう。
利用している代行業者によって計算が異なるからです。

また、他のブログでも利益計算エクセルを配布していますが、
計算式は人それぞれどこまで考慮しているか微妙に違うし、

Amazonの最新手数料が反映されているかわからないので、
中身は確認する必要がありますね。

以上のことから、お勧めツールはありません。

使いたいツールがあれば使えばいいし、
使うか迷ってるくらいなら使わなくて大丈夫です。

2019年3月追記(悲報)

Keepa、有料化しましたね…

凄く愛用していただけに、本当に残念です。

中国輸入Amazon販売において絶対必要なのは、
過去のランキング推移を見ることなので、

課金して使うか、モノレートで判断するか、
どちらかを利用しましょう。

リサーチって毎日やるような物じゃないので、
オオマエはひとまずモノレートで判断しています。

不便に感じたら、課金しようかな。

誰か、便利なツールあったら教えておくれ…

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事