中国輸入のブログや情報商材で
「中国で200円の商品を、日本で2000円で販売!1800円儲ける!!利益率90%!!!」
とか言ってる怪しい内容を見かけたことがありませんか?

あなたの感覚は正しいです。

中国で商品を仕入れてAmazonで販売する場合、単純な商品単価に加えて、様々な手数料が発生します。

せっかく仕入れたのに赤字、なんてことにならないよう、お金の計算方法をしっかり身に付けましょう。

本記事の内容
・中国輸入Amazon販売でかかる費用をわかりやすく解説
・利益計算ツールの紹介

中国輸入Amazon販売でここを見落とすと、本当に悲惨です。
オオマエも始めた当初は、利益計算が甘く儲けゼロの商品を販売しまくっていた時期がありました。

痛みを知ったおかげで利益計算の勉強したので良い勉強代だったな、と納得しています。
この記事に辿り着いたあなたに、オオマエと同じ体験をしないよう利益計算の仕方を紹介します。

    中国輸入Amazon販売での利益イメージ

    冒頭でお話ししました通り、中国輸入Amazon販売では、様々な手数料が発生します。
    それらを踏まえて、2000円の商品を200円で販売すると以下のようなイメージになります。

    もっと細かい項目をこれから説明しますが、「ざっくりこんなイメージ」というのを掴んで頂ければと思います。

    中国輸入で利益計算するためには

    以下の費用がどれくらいかかるか計算する必要があります。
    いっぱい項目があって「嫌だ~」と思うかもしれません。

    そういった方向けのツールを最後に紹介しますが、ツールを使う上では、その内容をしっかり理解しておく必要があります。
    「ツールは使う物であって、ツールに使われるな」ということです。

    • 商品代金
    • 中国内送料
    • 代行手数料
    • 国際送料
    • 関税・消費税
    • その他経費
    • 日本国内送料(自宅に配送する人のみ)
    • Amazon手数料

     

    配送ルートは下図の通り、「ショップ→輸入代行業者→空港→空港→Amazon(または自宅)」
    ショップ、輸入代行業者、税関に対して各費用を支払います。

    各費用の計算を間違えてしまうと、アリババ・タオバオでうっかり利益の無い物を仕入れてしまう、というケースもあるので、損をしないためにもしっかり押さえておきましょう。

    商品代金

    アリババ・タオバオで仕入れる時にかかる商品代金は商品ページにて確認することができます。

    商品代金は、赤枠に記載された「¥13.50 =13.5元(中国の通貨)」となります。
    仮に為替レートが1元=17円としたら、13.5×17=229.5円 となります。


    アリババの場合、発注数量によって代金が変わることが多いです。
    この商品の場合は以下です。

    10~49個:13.5元
    50~99個:12.5元
    100個~ :11.5元

    ¥マークだから13.5円だ!と間違えないように気を付けてください。
    ややこしいことに、元も¥マークで表記されます。

    中国内送料

    アリババ・タオバオのショップから、中国輸入代行業者に送るための送料です。
    1個1元で考えましょう。(オオマエの経験上、これくらいになります)
    そして、実際に仕入れた後に、1個あたりいくらかかったか輸入代行業者に確認しましょう。

    仕入れ前でも、輸入代行業者に問い合わせれば、概算送料を確認できます。
    心配な方は問い合わせてみましょう。

    代行手数料

    輸入代行業者に、支払う手数料です。
    代行業者によって異なりますが、相場は0~8%くらいでしょう。

    オススメの代行業者と、その業者の代行手数料は以下で紹介しています。

    国際送料

    中国から日本に送る際にかかる送料です。
    小さくて軽いものは送料が安いです。

    商品によっては、商品代金より国際送料が高いものもありますので、しっかりチェックが必要です。
    オオマエは昔、この計算が甘くて利益ゼロで仕入れていたことがあります。

    1kgあたり〇〇円、というのが輸送会社によって決まっていますので、輸入代行業者に確認しましょう。


    重さと大きさが、国際送料にどう影響してくるか詳しくは以下で説明しています。

    関税・消費税

    中国から日本に輸入するということは、関税がかかってきます。
    また、商品を購入するので消費税も見落とせません。

    関税・消費税についてはこちらで説明しているのでご覧ください。

    その他経費

    輸入代行業者では、お願いすれば検品・梱包・JANコードラベル貼り作業を実施してくれます。
    全て自分でやるのであればゼロ円ですが、Amazonに直接送る場合は、輸入代行業者にお願いする必要があります。

    どれくらい費用がかかるかは、輸入代行業者に確認しましょう。

    Amazon手数料

    Amazon出品する際にかかる手数料は以下の通りです。

    • 出品手数料
    • 配送代行手数料
    • 在庫保管手数料

    FBA料金シミュレーターを用いれば、各種手数料を簡単に確認することができます。
    仕入れ前に、リサーチ対象の商品をFBA料金シミュレーターで確認して、手数料がいくらかかるか確認しましょう。

    【手順】
    ①リサーチ対象商品の商品名、またはASINコードを記入し、検索をクリック
    ②Amazonで販売する価格を記入
    ③計算をクリック

    【確認方法】
    A:出品手数料が表示
    B:配送代行手数料と在庫保管手数料(1か月分)を足した金額が表示

    FBA料金シミュレーター

    https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

    日本国内送料(自宅に配送する人のみ)

    中国輸入代行業者から直接Amazonに配送(FBA直送)せずに、一度自宅に配送する場合、自宅~Amazonへの配送料がかかります。

    テスト仕入れ以外は、FBA直送をオススメしますが、自宅からAmazonに送りたい場合は、集荷依頼しましょう。
    毎回集荷センターまで運んでたら、重いし時間かかるし、大変ですからね。

    オオマエは中国輸入を始めて半年は自宅からAmazonに配送していましたが、売上が大きくなるにつれて地獄でした。
    土日休みで、土曜日は梱包作業、日曜は宅配便の集荷待ちみたいな生活でした。

    おすすめ業者も紹介します。

    段ボールが1箱なら

    エコムー便がおすすめです。

    1箱1180円~

    段ボールが2箱以上なら

    ヤマト便がおすすめです。

    宅急便ではなく、普通のヤマト便です。2箱以上になると、近場なら1箱あたり1000円以下で配送してくれます。

    1箱だと高いので、2箱以上の時使いましょう。

    利益計算エクセルシート

    上記内容を全てまとめて、エクセルに数値を入力するだけで、算出するエクセルシートを自分で作成しました。
    エクセルに数値を入力するだけで、利益計算が出来るので非常に便利です。

    オオマエもこれを使って計算しています。

    ★登録特典★ 原価計算シート

    まとめ

    • 中国輸入で利益計算を怠ると、儲けゼロになりかねない
    • アリババ・タオバオに書かれている商品代金以外にも色々な費用が掛かる
    • 一度内容を理解したら、あとはエクセルシートを使って利益計算しよう

     

    ブログでは伝えきれない情報をコチラで配信

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事