中国輸入Amazon販売で

・オリジナル商品登録をしたい
・新規出品で商品ページを作る手順が知りたい
・売れるためには何を入力すればいいの?

こんな悩みに答えます。

オリジナル商品登録の事前準備

以下の2つを登録している必要があります。

JANコード申請:商品に貼るバーコードを取得するのに必要

詳細はこちらをチェック

大口出品者登録:新規商品の出品登録をするために必要

詳細はこちらをチェック

 

売れるために必要な商品登録手順

事前準備ができたら、以下の通りに商品登録を進めていきましょう。

 

登録画面にいく

Amazonセラーセントラル ⇒ 在庫管理画面に移動します。

 

右上にある「商品登録」ボタンをクリック

 

「商品を新規に登録する」ボタンをクリック

 

製品カテゴリ

自分の商品に合った製品カテゴリを選択。

既にAmazonに登録されている類似商品と同じ製品カテゴリを選べば、基本的にはOKです。

たまに明らかに違うカテゴリに登録している商品があるので、その場合は別の類似商品を参考にするか、自己判断で決めてしまいましょう。

 

商品登録画面に切り替わります。

ビックリマークがあり、赤い※印が付いている部分が、商品登録に必須入力項目になります。

これだけ入力すれば出品することは可能ですが、売れるために必要な項目が他にもあるので、合わせて紹介していきます。

重要情報

以下を入力します。

商品コード:自分で取得したJANコードを入力。選択は「EAN」に変更。

商品名:[自分で決めたブランド名] + 最大4単語 を登録。ブランド名と単語、単語同士は全て半角スペースを入れる。

ブランド名:自分で決めたブランド名を入力。

メーカー名:自分で決めたブランド名を入力。

パッケージ商品数:複数セットの場合、セット数を記入。単品であれば1個。項目自体がない場合もある。

出品情報

以下を入力します。

販売価格:Amazonで販売されている同一商品の中の最低価格を入力。

ポイント:1ポイントになるように、パーセントを合わせて入力。

詳細表示:選択。

ポイントは必須情報ではありませんが、購入者が「Amazonポイント対象商品」で絞って検索をしたときに表示されるように、1ポイントだけ入力します。

 

詳細表示を選択すると、入力する項目が増えます。

「ギフトメッセージ」:チェック

「ギフト包装」:チェック

商品購入時に、プレゼント用包装とメッセージを選択できるようになります。

FBA在庫の場合、包装費用・包装材料は全てAmazonで準備してくれるので、設定するだけで購入者の選択肢が増えて、お得です。

自社在庫で出品者出荷する場合、自分でプレゼント梱包を準備しなければいけないので、チェックは外しましょう。

 

画像の登録

メイン画像:白抜き1枚

サブ画像:6枚

を登録しましょう。7,8枚目は購入者に見られることはほぼ無いので、登録不要です。

 

画像について詳しく知りたい方はこちらをチェック

[blogcard url="https://ex-pier.com/archives/872"] [blogcard url="https://ex-pier.com/archives/891"]

 

説明

商品の仕様:商品説明を入力

さらに登録:クリックし、商品の仕様を5行に増やす

商品仕様に書く内容は、まずは類似商品ページを真似してみましょう。

検索表示されるキーワードとしての効果もあるので、重要なキーワードを自然に散りばめるとベストです。

キーワード

検索キーワード欄:キーワードを単語ごとに半角スペースで区切り、最大500バイトまで入力(カテゴリによっては250バイト)

商品検索時に表示したいキーワードを入力しましょう。

 

キーワードはSEO対策で非常に重要な役割を持っています。

詳細を知りたい方はこちらを合わせて読んでください。

blogcard url="https://ex-pier.com/archives/908

 

詳細

以下を入力します。製品カテゴリによっては記入不要な場合もあります。

メーカー型番:自分で好きな番号を決めて入力。

 

最後に、「保存して終了」をクリックすれば、商品登録完了です。

最後に

入力内容さえ決まっていれば、5分程で1商品登録することができる簡単な作業です。

中国輸入で商品仕入れしたけど、億劫で商品登録できていないという方は、商品を仕入れて満足せず、ちゃんと登録して出品しましょう!

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、以下のブログランキングをクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
ここをクリック


ここをクリック

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事