中国輸入Amazon販売で

・売上分析のやり方を知りたい

・売上を伸ばす手段を知りたい

・ビジネスレポートってどこで見るの?

という悩みに答えます。

ビジネスレポートとは

ビジネスレポートとは、Amazonセラーセントラルで確認することができる、商品の売上実績を確認する方法です。

お客さんが何人ページを見に来たか、そのうち何人が買ったかを見ることができます。

その結果を分析して、商品ページや広告、商品自体をどう改良していけばいいか、対策を立てるのに活用します。

中国輸入で売上を立てるためには必須テクニックになるので、紹介します。

ビジネスレポートの見方

Amazonセラーセントラル ⇒ レポート ⇒ ビジネスレポート から見ることができます。

以下のレポートを見ることができますが、良く使うのは

売上・トラフィック
 出品している商品全体のデータをまとめて見ることができる。

(親)商品別詳細ページ 売上・トラフィック
 商品ページごとのデータを分析することができます。
 一番よく使う。

(子)商品別詳細ページ 売上・トラフィック
 バリエーション毎のデータを分析することができます。
 商品発注をする時に、バリエーション毎の販売個数を調べるのに使う。

 

です。

 

期間の変更

右上のカレンダーをいじることで、期間を変更することができます。

 

項目の変更

右側のチェックボタンで、表示させたい項目をカスタムすることができます。

 

この中でも特にチェックしておくべき項目を説明します。

セッション

商品ページに入ってきたお客さんの人数です
1日の間に同じ人が2回来ても、セッションは1として数えられます。

 

注文された商品の点数

何個売れたかです。

 

ユニットセッション率

コンバージョン率(転換率、成約率)のことです。

ページを見に来た人数に対して、何個売れたかを見ることができます。

注文された商品の点数 ÷ セッション = ユニットセッション率

 

注文商品売上

売上はいくらか見ることができます。

 

注文品目総数

購入者の人数です。10個まとめ買いしてても、1になります。

売上分析方法

ユニットセッション率が低い

メイン画像、サブ画像、説明におかしなところがある、わかりにくい、訴求力が無い

といった可能性があるので、見直して修正をします。

ユニットセッション率の基準は商品ごとに違いますが、まずは5%を目指しましょう。

ライバルの少ないニッチな商品であれば10%、20%はいきますし、服ファッションならただクリックするだけの人が多いので5%程になる。

ABテストを繰り返していき、数値を上げていくことを意識しましょう。

セッションが低い

メイン画像、価格、タイトル、広告設定を見直す必要がある。

2000円の商品で、月の売上10万円を目指していて、ユニットセッション率5%なら、セッションは1000必要です。

データから読み取れることは色々ありますが、まずは上記2点を抑えて、販売戦略の改善をして売上アップを目指しましょう。

売上が下がった

上記の課題ではない場合、市場の変化が考えられます。

季節性の商品か、ライバルセラーが増えててないか、ライバルセラーが価格を下げてないか、楽天・ヤフショ等でイベントをやってないか

ビジネスレポートが更新されない

ビジネスレポートの更新は翌日の昼頃にされます。

朝チェックしても前日分は更新されないので、待つしかないです。

また、たま~に1日経っても更新されない時がありますが、そういう時は気長に待ちましょう。

1年以上見てきて、何日も更新されないという話は聞いたことが無いです。

その他、チェックしといた方が良い

返品率を見る

月5%以下に抑えましょう。

それを超えるということは、粗悪商品を扱っている可能性が高いです。

商品ジャンルによって返品されやすい商品はありますが、5%以下を目安にしましょう。

(例えば服ファッションはサイズ違いで返品される)

ページビューを見る

オオマエはあまり見てませんが、ページビューを見ている人もいるようです。

セッションに対しあまりにページビューが高すぎる場合、商品ページを改善した方が良いようです。

他ページに行って見に戻ってくるということは、商品ページの説明がわかりづらいことを指すからです。

まとめ

ビジネスレポートで商品ページの改良方法を考えましょう

ビジネスレポートを見て、市場変化に気付けるようにしましょう。

 

ご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が参考になりましたら、以下のブログランキングをクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
ここをクリック


ここをクリック

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事